お辞儀をするカラス

助けて!カラスが会社の中にぃ~

暮らしの応援隊 「えくぼ」のスタッフによる、 日々のお仕事への感謝の日報! ~

えくぼちゃん

暮らしの応援隊「えくぼ」のブログにご訪問ありがとうございます!

案山子

いつも「えくぼ」にお問い合わせ、ご利用いただきましてありがとうございます!

えくぼの前座見習いことTムケンです。

 

9月に入ってもまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩は少しずつ

涼しくなり、田んぼの稲穂も黄金色に染まり始めて、秋の訪れを

感じさせる今日この頃です。

田んぼ

そんな初秋のある日の朝のこと、えくぼに一本の電話が入りました。

内容を伺い、スタッフ一同「え?」という表情に。

いったい何が起こったのか?と申しますと、とある会社様からの

ご依頼で、社屋の中にカラスが侵入し、居座っているので

追い出してほしい、とのことだったのです。

カラス

これまでも猫の侵入経路の遮断や、鳩の死骸の片付けなど、生き物に

関する仕事も何度かさせていただいた我々ですが、生きた野生動物と

直接対峙するのは初めてのこと。しかも相手は【鳥】!

おおいに戸惑いましたが、お客様はとてもお困りのご様子。

ともかくも一刻も早く解決しなくてはなりません。

いつの間にか『生き物係』に任命されていた私ことTムケンが、

現場へ急行しました。

 

到着した先で目にしたのは、階段の踊り場の窓のふちを、我が物顔で

占拠する一羽の大きなカラスでした。けがをして弱っている感じ

でしたが、万が一鋭い嘴や爪で襲い掛かられたら、こちらが危険です。可哀想ですが退去してもらわなくてはいけません。

お客様のご協力で上の階の窓を開けていただき、そちらへ向かって

追い立てるような形で誘導したところ、10分ほどで出て行ってくれ、お客様にも一安心していただけました。

カラス

都会に生きる動物は、人間の領域との境目が曖昧な中で暮らして

います。

カラスカラス

窓辺にたたずむカラスを見て、何となく人間の身勝手さを

考えさせられた一日でありました。

虹

数多ある、業者さんの中から私たち 「暮らしの応援隊 えくぼ」に

ご依頼を頂きましてありがとうございました!

ゴッチャン

スタッフ一同これからも

日々勉強と経験を重ね、お客様の様々なお困りごと解消のお役にたてますよう

精一杯いい汗流してまいります!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

〝仙台便利屋さん”業界初!

T-POINTが使えるのは「えくぼ」だけ。

お困りごとが解消で、

T-POINT



「楽天イーグルスオフィシャルサイト」右端のバナー広告欄に「えくぼ」のチーフ・ゴッチャンが!

↓        ↓

2015nasci_2

~「暮らしのちょっとしたお困りごと」や「家事代行業」、「見守りサービス」から「本格的な工事」まで!

“建設会社がやってる便利屋さん” 暮らしの応援隊 えくぼ にお任せください!

株式会社ナスキー 暮らしの応援隊 えくぼ
〒984-0012 宮城県仙台市若林区六丁の目中町18-15 斎喜六丁の目ビル
TEL 022-355-5248 FAX 022-355-5249

TOPページから暮らしの応援隊Facebookにもアクセスできます。「いいね!」お待ちしております!

電話番号