「引越し屋さんがひきとってくれなくて…」〝チーフ後藤”の感謝日報。

 

 

 

~「暮らしの応援隊 えくぼ」のチーフ“ゴッチャン”こと後藤による、感謝の作業日報です~

【 2015.3月 仙台市若林区:「急な引っ越しが決まったけど…」 】

はいはいどーもどーも!仙台在住15年、身も心も(?)すっかり東北人(のつもり)、せやけどいまだにバリバリ関西弁な、チーフ後藤ことゴッチャン、ちゃうわ!ゴッチャンこと後藤でございます。

ゴッチャン

本日も、「暮らしの応援隊 えくぼ」ありがたく出動させていただきました。

数日前にお問い合わせをいただいていたお客様。

「急に引っ越しをしなければならなくなったけど、(仕事の)休みがほとんどとれなくて…。限られた日程の中でどうにか引っ越し業者さんにお願いはできたんだけど。いらなくなったものを引き取ってもらえないかと相談したら『それはできないんです』って断られて…、時間もないしどうしようかと思ってた時に、気になってとっておいたチラシを思い出して電話しました」

後藤、涙が出そうなほど嬉しかったですぅ。。地道にポスティングさせていただいた去年の日々を思い出し…。おっと感傷に浸ってる場合やあれへんがな! すぐにお客様の都合の良い日をうかがってお見積り日が決定。本日出動と相成りました。

お見積りにご納得頂けたら、その場で速攻積み込みさせていただけるよう運搬車で出発!

「えっ!今もってってくれるの?」

お客様がわざわざ割いてくださった貴重なお時間をムダにするわけにはまいりません。

「もしそれでよろしければ」とお伝えしたところ

「わー、ものすごく助かる!」 

即決にて、その場で搬出開始。 引っ越し荷物が邪魔をして入口から出せないかもとご心配なさっていましたが、窓と網戸を外しサッシから外へ出すことができました!

「これもできたら…」 ということでさらに、

お一人では外せなくて、引っ越し業者さんにも(廃棄するモノはNGとかで)断られてお困りだった、サッシに取り付けた「冷風機」 ドライバーで取り外しこちらも搬出!

軽トラック

エレベーターに入りきれなかったため、3階からふたりで手おろし。

軽トラック

軽トラック

大きめのセミダブルベッドと冷風機を積み込み作業終了。

作業時間約 40分ほどでした。

「ちょっと待ってて…」

お客様が向かいのコンビニに向かわれて…戻られた手には、

アロマブラック

「ほんっとーに助かりました!ありがとう。これ、どうぞ」 な、

泣いてまうがなぁ~

去ってゆく「えくぼ」の車に向かって何度も何度もお辞儀してくださったお客様…。

頭を下げさせて頂かなければならないのはわれわれのほうです。

毎度毎度のことながら、かみしめて思います。

われわれ「えくぼ」は本当にお客様に支えていただいているなと。

当然のことながら、

本当は逆にもっともっとお客様の力にならなければいけないのに…。まだまだ努力とサービスが足りてません。

数ある業者さんの中から、私たちをお選び下さり、なおかつ

まだまだ、まだな私たちに、温かいお言葉までかけてくださりありがとうございました!

本日の感謝をしっかりと胸に焼き付けて、

明日からの真心こもったサービスに活かして行きたいと思います。

ご依頼いただきまして、誠にありがとうございました!

~えくぼの修業はつづく~


 


☆ そんな後藤の面白エピソードが連載されている「えくぼ」発行かわら版 えくぼ通信

※「チーフ ゴッチャンの”人はエエけどアカン日々”」

バックナンバーはFBでご覧になれます!

 


 

~「暮らしのちょっとしたお困りごと」や「家事代行業」、「見守りサービス」から「本格的な工事」まで!“建設会社がやってる便利屋さん” 暮らしの応援隊 えくぼ にお任せください!

株式会社ナスキー 暮らしの応援隊 えくぼ
〒984-0012 宮城県仙台市若林区六丁の目中町18-15 斎喜六丁の目ビル
TEL 022-355-5248 FAX 022-355-5249

えくぼの標語